横浜美術館で開催されてる「石打都 肌理と写真」展行ってきました。

展覧会概要

石内都(1947年生まれ)は、2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、現在、国際的に最も高く評価される写真家のひとりです。

多摩美術大学で織りを学んだ石内は、1975年より独学で写真を撮り始め、思春期を過ごした街・横須賀や、日本各地の旧赤線跡地などを撮影した粒子の粗いモノクローム写真で一躍注目を集めました。近年は、被爆者の遺品を被写体とする「ひろしま」やメキシコの画家フリーダ・カーロの遺品を撮影したシリーズで、その活動は広く知られています。

2017年は、石内が個展「絶唱、横須賀ストーリー」で実質的なデビューを果たしてから40年を迎える年にあたります。本展は、この節目の年に、石内自らが「肌理(きめ)」というキーワードを掲げ、初期から未発表作にいたる約240点を展示構成するものです。

住人のいなくなったアパート、身体の傷跡、日本の近代化を支えた大正・昭和の女性たちが愛用した絹織物、亡き母や被爆者らの遺品の写真を通して、存在と不在、人間の記憶と時間の痕跡を一貫して表現し続ける石内の世界を紹介します。

(横浜美術館サイトより引用:

http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20171209-492.html)

引用文中にあるハッセルブラッド国際写真賞とは、スウェーデンのハッセルブラッド財団が1980年に創設したもので、これまで石内さん含め3人の日本人写真家が受賞されています。

展示はまず無人の室内や廃墟が写された白黒作品群から始まります。銀塩写真の黒い粒子がかなり特徴的。粗くざらついた粒子と、白く飛んだ光によって描き出されたイメージは、写真でありながらまるで絵画作品の絵肌のようにも見えます。

他に印象的だったのが、被爆者の遺品シリーズである「ひろしま」。ボロボロに破れた衣服などから、人々の存在と不在を強く感じさせます。同じく展示されているフリーダ・カーロの遺品シリーズも同じく存在と不在を感じさせるものですが、「ひろしま」が原爆によって強制的に生を断ち切られた人々の象徴であるのに対し、フリーダの遺品は今も彼女の精神が生かされてるような温かさが感じられ、そういう意味では両者は対照的なのかもしれません。

コレクション展を挟んで最後にもう1つ展示ルームがあり、石内さんの「絶唱、横須賀ストーリー」というシリーズがたくさん展示されていました。こちらは撮影OKとのこと。

横浜美術館「石内都 肌理と写真」展 展示作品
横浜美術館「石内都 肌理と写真」展 展示作品
横浜美術館「石内都 肌理と写真」展 展示作品

基本情報

会期 2017年129日(土)~2018年3月4日(日)

開館時間 10時~18時

*2018年3月1日(木)は16時まで

*2018年3月3日(土)は20時30分まで

(入館は閉館の30分前まで)

休館日 木曜日(ただし、2018年3月1日を除く)

年末年始(2017年12月28日[木]-2018年1月4日[木])

主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

助成 芸術文化振興基金

制作助成 公益財団法人テルモ生命科学芸術財団

協賛 株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン、株式会社 資生堂

協力 The Third Gallery Aya、みなとみらい線、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社、チョコレートデザイン株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。