デッサン的な技法で立体的に描く水彩画5ステップです。

1.柔らかめな鉛筆(3Bや2B)であたりをつける段階。はっきりした線で描くのではなく、形の変わり目をポイントで捉え、それを画面にマッピングしていくようなイメージで下描きをする。

2.あたりをつけたら、鉛筆で軽く影色をつけ、明暗の印象をつくる。台に落ちる影もこの段階で描き入れておく。

3.ここから水彩絵の具の出番。トマトにレモンイエローなどの軽めな黄色、ナスにクリムソンレーキやプルシャンブル―などを使って下塗りをしていく。

4.下塗りをしたら、細部の描き込みをしながらモチーフの固有色に近づけていく。

5.実物と同じくらいの色の強度が出たら完成。

 

シシアートスタジオは横浜市にて絵画教室(大人クラス)を開催しています。お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。